学科長挨拶



作業療法学科 学科長

作業療法学科 学科長挨拶

学科長 福永 宣典

作業療法士が最も力を注ぐことは、対象者自らが障害に屈することなく、人生の生活段階の時々に本来関わるべき人々と意欲的に関わりたいとする心を支え、それらの人々との交流過程でプラスに作用しあえるように必要量だけを手助けし、対象者自身の判断と責任において社会的役割を果たしていくことができるように自立を促していくことです。


本学では、どうすれば対象者の役に立つことができるのかを一生懸命考えていくことができる人、対象者の性別や年齢、人柄や社会的地位、障害の有無や程度にとらわれることなく人間の可能性を信じることができる人材の育成を目指しています。何よりも「絶対に作業療法士になりたい」という強い意志をもって、信頼される作業療法士を目指してください。我々教員は、精一杯応援します。

学科長 福永 宣典




理学療法学科 学科長

理学療法学科 学科長挨拶

学科長 上原 眞一

人は病気やけがで身体に障害をもつと、不安になったり、人生に対する絶望感に悩まされることがあります。そのような方々の心を理解し、障害に立ち向かう気持ちを持つことができるように支援が必要ですので、理学療法士には、日々進歩する医療技術の修得はもとより、人の気持ちを理解できる人間性の豊かさも大切な要素となってきます。


理学療法士を目指す皆さんには、その仕事内容をよく理解すること、そして患者様と接する対人関係を重視する専門職を目指すという心構えが必要でしょう。そしてその目標に対して前向きで熱意ある皆さんを、広く社会に貢献できる「信頼される理学療法士」として送り出すために、私たち教員も全力を挙げて指導にあたっていきます。

学科長 上原 眞一