学校長挨拶



阪奈中央リハビリテーション専門学校 学校長挨拶

学校長 中川 三郎

科学の恩恵により爆発的に発展してきた治療医学とともに、現代では、病気になる前の予防医学が注目されています。


また、病気やケガの治癒が医療の終結ではなく、社会復帰を可能にして初めて医療は終結すると考えられるようになり、この医学を予防医学、治療医学に対し、第三の医学と呼んでいます。現代医療において、この第三の医学の中心的存在であるリハビリテーション医療の社会的役割は、一段と高まってきています。


本校は、理学療法学科・作業療法学科の2学科を設け、現代医療の最終段階を担う優れた人材の育成を目指しています。最善の医療を提供するためには最新の知識や技術の習得にとどまらず、豊かな人間性・創造性を育てることが必要であると考え、経験豊富な講師陣と共に、人間性豊かな専任教員によるきめ細やかな教育を実践しています。


生駒山麓の豊かな自然に恵まれた環境の中で、明日の医療界を担う、熱意あふれる皆さんとの出会いを楽しみにしています。

学校長 中川 三郎